ものづくり補助金活用事例_3Dレーザー測量ドローンを導入する

各種補助金申請

 

こんにちは!熊本市中央区で日本一真っすぐ走る行政書士の湯上裕盛です。

今回は、建設業が使える補助金「ものづくり補助金編」ということで、「測量会社がドローンの3Dレーザースキャナーを導入しました」というお話をさせて頂きます。

 

土木工事における3Dレーザースキャナーの必要性

3Dレーザースキャナーに関しては、前回もお話をさせて頂きました。

ものづくり補助金活用事例(3Dレーザースキャナーの導入)
こんにちは!熊本市中央区で日本一真っすぐ走る行政書士の湯上裕盛です。今回は「建設業が使える補助金ものづくり補助金編」ということで、土木工事の事業者様が3Dレーザースキャナーを導入した事例をご紹介させて頂きます。...

いま土木工事では、その工事の際に地形の確認から工事で発生する土量、必要になるトラックの台数や往復数など、様々なことを事前に測量して算出しています。

それらの工程には非常に手間とコストがかかるのですが、それらを3Dレーザースキャナーを導入して測量すると、そのデータをパソコンでシミュレーションすることですぐに算出できるのです。

このような効率化をICT化やi-Construction化と言いますが、いま国が積極的に推進しています。

i-Construction
i-Construction

そのi-Construction化で作業を大きく効率化させるには、どうしても地形のデータを正確に測量することであり、そのためには3Dレーザースキャナーが必要なのです。

3Dレーザースキャナーを搭載したドローンとは?

前回はこのような話をさせて頂きましたが、今回の話では、さらに3Dレーザースキャナーを搭載したドローンを導入するという話です。

このドローンは「テラドローン社」という会社が出しているドローンになります。

テラドローン株式会社|terradrone japan
ドローンを使ったサービスならテラドローン株式会社。測量、点検、各種コンサルテーション、商業用ドローンの機体開発など幅広く事業展開。

ドローンに搭載されているため、空から地形の測量ができるのです。

土木工事における地形の測量は、平坦で安全な場所だけではありません。

人が入れない場所は、場合によっては崖などの地形もあります。

そのような地形だとすぐには測量できないし、人手も非常にかかります。

それに、何より危険性も高いです。

それで開発されたのが3Dレーザースキャナーを搭載したドローンなのです。

このドローンがあると、測量のための機材の設置も不要になり、上空から一気に測量ができます。

すると、今まで以上にもっと生産性が上がります。

従業員の労働時間も削減できるし、浮いた人件費も他のリソースに割くことができます。

以上のような理由から、今回ご相談されたお客様で導入したいということで、この3Dレーザースキャナー搭載のドローンを導入されました。

3Dレーザースキャナーは水中の測量も可能

僕が支援した案件ではありませんが、レーザースキャナーには「グリーンレーザー」と言って、水中でも測量できるようなものが開発されています。

ドローン搭載型グリーンレーザースキャナで陸部・水部の地形を面的にスキャン|株式会社パスコ
パスコは国土交通省の「革新的河川管理プロジェクト」において、株式会社アミューズワンセルフと共同研究を行った、陸上と水中(水底)の地形を計測できるグリーンレーザースキャナを使用した、測量(計測)サービスと機器販売を行っています。

このグリーンレーザー搭載のドローンであれば、空中から一気に水の中まで測量が可能になります。

導入には何千万円もかかって非常に高いのですが、浚渫会社などは地上ではなく海中を測量することで、その掘削の状況を確認できるようにすることが大事になります。

今まではグリーンレーザーをヘリコプターに積んで測量しに行くなど、その測量にも非常に大掛かりだったのですが、この技術の進化でグリーンレーザーを搭載したドローンも登場してきました。

ものづくり補助金の「革新性」とは

今回支援させて頂いた企業様の話は、2年ほど前になります。

その頃と比べて、ものづくり補助金も今ではそこそこ導入されてきたと思います。

ここで、ものづくり補助金の申請ポイントの一つに「革新性」というのがあります。

これは「自社に無く、他社でも一般的で無いもの」という定義がありますが、これは別に「オンリーワンでなくても良い」のです。

例えば、「東京では一般的かもしれないし、他社でも一般的かもしれない。でも、当社の地域ではまだやっている会社がいない」ということでも革新性は示せます。

ですので、近隣の企業でまだ導入などがされていなければ、ぜひ検討されてみても良いと思います。

まとめ

ということで、今回は建設業が使える補助金「ものづくり補助金編」ということで「測量会社が3Dレーザースキャナーを搭載したドローンを導入しました」という事例についてお話をさせて頂きました。

ポイント

・土木工事のICT化に3Dレーザースキャナーは必須

・3Dレーザースキャナー搭載型ドローンで生産性が大幅に改善

・3Dレーザースキャナーは水中の測量も可能になってきている

・ものづくり補助金の「革新性」はオンリーワンでなくても良い

補助金の申請には、それぞれに定義や条件があります。

それらの定義や条件を満たすストーリーを事業計画書で表現することで採択される可能性が高まります。

難しそうだと諦めずに、一度、当事務所にご相談をください。

お問い合わせ
▼お問い合わせはライン公式アカウントのメッセージからでもお気軽にどうぞ補助金のお問い合わせに関しては別途動画を撮影しましたのでそちらをご覧の上お問い合わせ頂ければと思います↓↓↓プライバシーポリシー(個人情報保護方針)...

尚、YouTube動画でもお話させていただいていますので、ぜひ見に来て下さい。気に入っていただけたらチャンネル登録もよろしくお願いします!!

湯上裕盛 / 日本一真っすぐ走る行政書士
1989年生まれ、熊本市出身 熊本工業高校、日本文理大学卒。 小4からラグビーをはじめ、社会人ラグビーチームセコム株式会社ラグビー部(セコムラガッツ)で6年現役をしたのち、28歳で宅建合格、現役引退、退職し父が経営する行政書士事務所にて2年間補助者として勤務。 令和元年度行政書士試験合格し2020年4月5日行政書士オフ...

さいごに

ノーサイド行政書士法人は認定経営革新等支援機関として事業計画策定のプロとして経済産業省の認定を受けています。
特に熊本県内の事業者様は手厚くサポートできるかと思います。
以上、熊本市中央区で日本一真っすぐ走る行政書士でノーサイド行政書士法人の湯上裕盛でした
最後まで読んでいただきましてありがとうございました!!

タイトルとURLをコピーしました